2. 定義済みの要素一覧

NextPublishingでは、文章構造を「要素」という単位で管理しています。

この「要素」は超原稿用紙内で「段落スタイル」として定義されています。

以下、利用可能な要素をまとめました。縦組と横組で利用可能な要素が異なりますので、ご注意ください。


段落スタイル名

縦組

横組

使い方

備考

◎本文

本文を指定します。(かならず最初に指定してください)


◎大見出し

章レベル(第1レベル)の見出しを指定します。適用すると青色になります。

「扉あり」で変換した場合、扉の文字列として使われます。

「扉なし」で変換した場合、本文の第1レベルの見出しとして使われます。

◎中見出し

節レベル(第2レベル)の見出しを指定します。適用すると青色になります。

「扉あり」で変換した場合、本文の第1レベルの見出しとして使われます。

「扉なし」で変換した場合、本文の第2レベルの見出しとして使われます。

◎小見出し

項レベル(第3レベル)の見出しを指定します。適用すると青色になります。

「扉あり」で変換した場合、本文の第2レベルの見出しとして使われます。

「扉なし」で変換した場合、本文の第3レベルの見出しとして使われます。

◎見出し

項以下の見出しを指定する際に使えます。適用すると青色になります。

「扉あり」で変換した場合、本文の第3レベルの見出しとして使われます。

「扉なし」で変換した場合、本文の第4レベルの見出しとして使われます。

◎大見出し:リード文

章レベルの見出し直後にリード文が入る場合に使います。それ以外の箇所では使えません。適用すると青色になります。


◎大見出し:副題

章レベルの見出しの副題を指定します。必ず「◎大見出し」の直後で指定してください。適用すると青色になります。


◎中見出し:リード文

扉ページを変換した際に、節レベルの見出し直後にリード文が入る場合に使います。それ以外の箇所では使えません。適用すると青色になります。


◎中見出し:副題

扉ページを変換した際に、節レベルの見出しの副題を指定します。必ず「中見出し」の直後で指定してください。適用すると青色になります。


◎図

図・写真を指定します。適用すると背景がオレンジ色になります。図・写真は、この要素を適用しないと、正しく変換されません。

PDF変換時、図は指定した位置ではなく、直後のページに配置されます。指定した位置にそのまま表示したいときは、「◎図:位置固定」を用います。

◎図:キャプション

×

図・写真のキャプションを指定します。適用すると文字がオレンジ色になります。それ以外の箇所では使えません。図の上部に挿入して使います。


◎表:キャプション

×

表のキャプションを指定します。それ以外の箇所では使えません。表の上部に挿入して使います。


◎表見出し

×

表内のタイトル行・タイトル列を指定します。指定すると背景が赤色、文字が白色になります。Wordで作成した表内でのみ使えます。


◎コード

×

プログラムリストなどで等幅フォントを使う際に指定します。背景がグレーになります。

EPUBではコード表示用の等幅フォントが埋め込まれます。

◎コード:強調太字

×

プログラムリストなどで太い等幅フォントを使う際に指定します。適用すると文字は赤色に、背景はグレーの網になります。

EPUBではコード表示用の等幅フォントが埋め込まれます。

◎コード:キャプション

×

コードのキャプションを指定します。それ以外の箇所では使えません。コード段落の上部に挿入して使います。


◎本文:ぶら下げ1字

箇条書きなどを指定します。1行目はインデントされず、2行目以降が1字分インデントされます。

このスタイルを用いて空行を設定しないでください。PDFでは1行以上の空行に変換されます。

◎本文:ぶら下げ2字

箇条書きなどを指定します。1行目はインデントされず、2行目以降が2字分インデントされます。

このスタイルを用いて空行を設定しないでください。PDFでは1行以上の空行に変換されます。

◎本文:ぶら下げ3字

箇条書きなどを指定します。1行目はインデントされず、2行目以降が3字分インデントされます。

このスタイルを用いて空行を設定しないでください。PDFでは1行以上の空行に変換されます。

◎本文:ぶら下げ4字

箇条書きなどを指定します。1行目はインデントされず、2行目以降が4字分インデントされます。

このスタイルを用いて空行を設定しないでください。PDFでは1行以上の空行に変換されます。

◎本文:右揃え

×

本文を右揃えで表示したいときに指定します。


◎本文:下揃え

×

本文を下揃えで表示したいときに指定します。


◎本文:中央揃え

本文を中央揃えで表示したいときに指定します。


◎本文:小さめ

本文に補足文章を手軽につけるときに指定します。「◎本文」よりも小さめの文字で表示されます。


◎区切り線

罫線を引くときに指定します。


◎本文:1字インデント

1字分インデントされた本文にしたい箇所で指定します。


◎本文:2字インデント

2字分インデントされた本文にしたい箇所で指定します。


◎本文:3字インデント

3字分インデントされた本文にしたい箇所で指定します。


◎本文:4字インデント

4字分インデントされた本文にしたい箇所で指定します。


◎手順

×

操作手順など、本文と区別して表示したい箇所で指定します。1字分ぶら下がり表示になります。


◎手順:小さめ

×

手順に補足文章をつけるときに指定します。「◎手順」よりも小さめの文字で表示されます。


◎手順:区切り

×

手順箇所の泣き別れを防止するために使います。このスタイルを適用した箇所で改ページされます。なお、手順箇所以外では使えません。


◎【小組1】見出し

コラムや注意など、本文とは別組にする場合の見出しを指定します。適用すると緑色の下罫線が表示されます(縦組では背景がグレー、文字が緑色になります)。


◎【小組1】本文

コラムや注意など、本文とは別組にする場合の本文を指定します。適用すると文字が緑色になります(縦組では背景がグレー、文字が緑色になります)。


◎【小組2】見出し

コラムや注意など、本文とは別組にする場合の見出しを指定します。適用すると緑色の下罫線が表示されます(縦組では左が空いた囲み罫線が表示されます)。

一部スタイルではサポートされていません。

◎【小組2】本文

コラムや注意など、本文とは別組にする場合の本文を指定します。適用すると文字が緑色になります(縦組では右が空いた囲み罫線が表示されます)。

一部スタイルではサポートされていません。

◎引用文

引用箇所など、本文と区別したい箇所で指定します。適用すると左に罫線が入った表示になります。


◎強調太字

本文内で強調したい文字列を指定します。文字単位で指定できます。適用すると文字が赤色になります。


◎強調傍線

本文内で強調したい文字列を指定します。文字単位で指定できます。適用すると文字が赤色になり下線が引かれます(縦組では右に線が引かれます)。


◎傍点

本文内で傍点を打ちたい文字列を指定します。文字単位で指定できます。適用すると文字が赤色、上部に・が表示されます(縦組では右に・が表示されます)。


◎キートップ

×

キーボードのキーを表記するときに指定します。適用すると赤色の罫線で囲まれた赤色の文字になります。


◎本文:コード

×

本文内で等幅書体にしたい文字列を指定します。文字単位で指定できます。適用すると背景が黄色になります。

EPUBではコード表示用の等幅フォントが埋め込まれます。

◎図:位置固定

図・写真を指定します。適用すると上下に赤い罫線がついて背景がオレンジ色になります。文章と離れて表示させないときに使います。

PDF変換時、図は指定した位置にそのまま配置されます。そのため、文章と図の間で空行が多く表示されることがあります。空行表示をなくしたいときは、「◎図」を用います。

◎特別文字修飾

見出しの一部分を異なる表現にするなど、上記要素内の一部分の文字列を別指定にするときに指定します。適用すると背景が青色、文字が白色になります。なお、事前にレイアウトスタイルを定義している場合に限り、有効となる要素です。

すべてのスタイルで利用できるものではありません。

◎大見出し:図

図版を使った扉ページを作成する際に指定します。

すべてのスタイルで利用できるものではありません。


このほか、Wordが持つ下記の機能もサポートしています。


  • ルビ: 対象となる文字列を選択し、Wordのルビ設定機能で指定します。

  • 上付き・下付き: Wordのツールバーにあるボタンで指定できます。

  • 縦中横(縦組のみ): 主に2ケタ数字を対象に、Wordの縦中横機能で指定します。なお、記号を90度回転させるために使うことは推奨しません。

  • ハイパーリンク: 対象となる文字列を選択し、Wordのハイパーリンク設定機能で指定します。

  • 脚注(横組のみ): Wordの脚注挿入機能で指定します。なお、一般的にページ下部に表示される脚注は、EPUBでは章末に表示されます。参照元の段落近くで説明したい場合は、「◎本文:小さめ」を用いて、段落直後に書き込むことをお薦めします。

  • 表(横組のみ): Wordの表作成機能を使って作成できます。セル結合には対応していません。


(end)

Comments