1. レイアウトスタイル

■レイアウトスタイルとは

超原稿用紙は、原稿に文書要素(文書構造)、いわゆる見出しや、本文、小組などの意味を与えます。

レイアウトスタイルは、その文書要素に対して、デザインやレイアウト、組版といった装飾的なものを与えます。

超原稿用紙で執筆した時点では、どのようなレイアウトスタイルにもなり得ます。レイアウトスタイルの一覧から使用したいものを選択し、超原稿用紙にあてがうことで、作成した原稿がレイアウトスタイル(判型、デザイン)を持ったものになります。




■レイアウトスタイルの一覧

基本のレイアウトスタイルは以下です。

レイアウトスタイル名のリンクをクリックすると、サンプルPDFが表示されます。変換に使った超原稿用紙のサンプルはこちらです(縦:前付け本文/横:前付け本文)。


縦四六-12Q704C

縦四六-13Q688C

縦四六-13Q688C(SR)

縦四六-13Q704C

縦四六-13Q704C(YS)

縦四六-13Q828C

縦四六-14Q615C

縦四六-15Q532C

縦四六-15Q532C(YS)

縦四六-15Q570C

縦四六-15Q570C(HB)

縦A5-14Q756C

縦A5-14Q756C(HB)


横A5-13Q896C

横A5-13Q896C(IP)

横A5-13Q960C

・横A5-12Q832C

横A6変型-12.75Q600C

横B5-13Q1512C

横B5-13Q1554C

横B5-14Q1120C

横B5変型-15Q957C


レイアウトスタイル名は、[縦横][判型]-[Q数][1ページ文字数] の順で並んでいます。これらの情報が同じ場合は、アルファベットを付けて区別しています。




■レイアウトスタイルの詳細

Googleスプレッドシート版はこちら

(end)


Comments